同志社ローム記念館プロジェクトについて

同志社ローム記念館プロジェクト運営委員長あいさつ

同志社ローム記念館プロジェクト運営委員長

同志社ローム記念館プロジェクト運営委員長
竹廣 良司 教授
(同志社大学 経済学部)

2003年にローム記念館が竣工すると同時に同志社ローム記念館プロジェクトがスタートしました。プロジェクトルームでは正課外でのプロジェクト型の取り組みを通じたアクティブな学びの場として、毎年多くの学生たちの活動が展開されています。プロジェクトへの積極的な関わりを通じて、生徒や学生どうしが自ら設定した高い目標に向かって、計画を立て、自らの役割を果たしながら、チームとして取り組むことにより、社会で必要なさまざまな力をつけることが可能になります。
目標を設定し、自らプロジェクトを立ち上げ、自分達の力で実現できるよう取り組むだけでなく、同志社ローム記念館プロジェクトでは、企業や地域、自治体と連携したプロジェクトに取り組むことも可能です。こうしたプロジェクトに取り組むことで、企業や社会との関わりを実感することもできるでしょう。
関心をもたれた方はぜひ、ローム記念館まで話を聞きに来て下さい。同志社ローム記念館プロジェクトが、皆さんの主体的な学びの機会となることに期待しています。

同志社ローム記念館プロジェクトとは?

同志社ローム記念館では、学生・生徒と産業界、地域が連携して、IT・情報メディアに関連したさまざまなプロジェクトを推進しています。プロジェクト活動を通じて、学生・生徒の成長を促すとともに、広く社会に文化の創造・発信を行い、次世代社会を担う人材を育成することを目指します。
プロジェクトは、多様な学生・生徒が主体的に取組む課外活動プログラムです。同志社大学、同志社女子大学を中心に、さまざまな学部学科、学年の学生が参加しています。また、他大学の学生も参加できます。
プロジェクトのテーマは自由ですが、活動内容、推進のための手法として「IT・情報メディアテクノロジー」を活用することが必要です。
プロジェクト活動の様子
プロジェクトルームの様子

同志社ローム記念館プロジェクトポリシー

同志社ローム記念館プロジェクト運営委員会では、館の主旨にもとづき、「同志社ローム記念館プロジェクトポリシー[PDF 127KB]」を策定しました。

単年度プロジェクト

単年度プロジェクトの様子
単年度プロジェクトの様子2
活動期間が1年間のプロジェクトで、ローム記念館が設立された2003年度から実施しています。毎年募集を行い、同志社ローム記念館プロジェクトポリシーに基づき選考されます。テーマは自由に設定でき、採択されると活動拠点として専用のプロジェクトルームが貸与されます。同志社大学、同志社女子大学の学生・生徒を中心に、学部・学科、学年、キャンパスの枠を超えて、多様なメンバーが集まり、切磋琢磨しながら主体的にプロジェクトを展開しています。
活動終了時に開催される最終成果報告会では、特に素晴らしい成果を達成したプロジェクトに「同志社ローム記念館大賞」が授与されます。

今まで展開されたプロジェクトはこちら
プロジェクト紹介

短期プロジェクト

短期プロジェクトの様子
短期プロジェクトの様子
企業や自治体と連携して行う数ヶ月間のプロジェクトで、2017年度から新たにスタートしました。
学生メンバーは、企業・団体の第一線で活躍する社会人といっしょにプロジェクトを推進することで、授業では得られない体験や知見を得ることができます。活動期間はプロジェクトによって異なります。
活動エリアも企業や地域社会のフィールドなど広域に渡り、学内インターンシップ的な学びの機会ともなります。

今まで展開されたプロジェクトはこちら
プロジェクト紹介